訪問看護認定看護師の役割とは?

訪問看護認定看護師について

訪問看護認定看護師について

高齢化社会に入っている日本では介護の問題は大きな課題となっております。
特に看護師に関連してくるのは訪問看護の分野です。

訪問看護は、患者様が抱いている悩みや不安をどのように解決したら
良いのかを一緒に考えて、医師や介護ヘルパースタッフなど医療従事者と
連携して行う座卓介護サービスです。

ここでは訪問看護のスペシャリスト資格である訪問看護認定看護師に
ついてご紹介したいと思います。

主な役割は「患者様」「ご家族」「地域の人たち」と密着して住民の
皆様が障害・発病・発症を抱えていても、生活の質(クオリティ・オブ・
ライフ:QOL)が低下しないように生活レベルをキープすることを目標に
して在宅ケアの質的向上に努めることです。

訪問介護はそれぞれの家庭を訪問して看護業務を行う特性があります。
訪問看護認定看護師は認定看護師の中でも特に幅広い看護技術と疾患の
知識が要求されます。

また「医師」「他の看護師」「患者様ご自身」「ご家族」とのコミュニ
ケーション能力が大切になってきます。

訪問看護の対象になる患者様の年齢層は、幼い子どもさまから高齢者まで
幅広く疾病の種類やレベルも相当広範囲ですから勉強しなければならない
ことは多くなります。

在宅療養している患者様ご自身やご家族がセルフケアできるように
サポートすることも訪問看護認定看護師のひとつの役割でもあります。

患者様が在宅を選ぶ理由は、病気や障害があっても住み慣れている
自宅から離れたくないからです。在宅療養は簡単なことではないですが、
経済的問題や家族のサポートの問題など困難を乗り越えなければ
実現しないです。訪問看護認定看護師の存在はとても大きいでしょう。

病院など医療施設の収容人数の限界もあり今後在宅療養を希望する
患者様はますます増えます。訪問看護認定看護師もより一層求められる
ことになります。

以上、訪問看護のスペシャリスト資格である訪問看護認定看護師に
ついてご紹介いたしました。

平成19年1月の段階で、訪問看護認定看護師の数は全国で17名だけに
なっています。現在看護師資格をお持ちの方はスキルアップして
挑戦して欲しいと思います。