病院で働く看護師と訪問看護師、違いはあるの?

看護師と訪問看護師の違い

看護師と訪問看護師の違い

看護師の仕事というと、病院で働いている看護師さんの姿を思い浮かべる
ものですが、訪問看護師の仕事というと、途端にイメージできなくなるの
ではないでしょうか。

看護師として仕事をするという意味では、看護師も訪問看護師も大きな
差はありません。しかし、一番の違いとしては、患者さんの自宅に直接
伺って、看護を行うということだといえます。

そのため、一定のスキルが求められる他、何らかのアクシデントが
起こった場合でも対応できるように、判断力や洞察力などが求められる
といえるでしょう。

実際に仕事をする場合は、介護士やホームヘルパーなど複数のチーム単位
で行動するため、医療の面で全ての責任を負わなければならないという、
責任重大な立場でもあります。

しかし、やりがいという観点でみると、看護師として病院で勤務していた
頃よりも、スキルや経験が身について働きがいがあると答える人が多いと
言えます。

様々な局面で、看護師としての力量を試される分、それが経験やスキル
アップにつながっていくのでしょう。

ところで、看護師と訪問看護師の一番の違いというのが存在します。
それは給与面です。時給換算すると、訪問看護師でもある程度の給料を
稼ぐことが出来そうに見えますが、そんなに甘くはありません。

施設や病院で勤務していた頃は、毎月決まった給与を貰うことができます
が、訪問看護師の場合は、1軒訪問に付きいくらという具合で決まっている
のです。

そのため、稼ぎたいのであれば、訪問件数を多くする必要があります。
そう言った意味では、体力がなければ続かない仕事だといえるでしょう。

以上、看護師と訪問看護師の違いについてご紹介しましたが、
いかがだったでしょうか。これから、訪問看護師の需要は益々高まって
いきますので、ある程度、看護師としてのキャリアを積んできたということ
であれば、訪問看護師の仕事に挑戦してみると良いかもしれません。

全くキャリアが無い場合でも働くことができますが、その場合は研修が
しっかり行われている職場に就職することをおすすめします。