訪問看護師が患者さんのために出来ることとは?

訪問看護での看護師の役割

訪問看護での看護師の役割

高齢化が進む中、在宅医療を利用する人が増えてきました。
そのため、訪問看護師の需要が高まってきているといえます。

訪問看護師は、在宅医療を受けている高齢者への看護をはじめ、
訪問看護ステーションと呼ばれるサービス機関でも看護を行いますが、
そもそもの役割とは何なのでしょうか。まずは業務内容から見ていく
ことにしましょう。

訪問看護での看護師の仕事は、患者さんが普段診察を受けている
医師の指示に従って行われます。

基本的なこととしては、体温や血圧、脈拍などの測定、入浴や排せつ
のお世話、リハビリのサポートなど多岐に亘ります。完全に看護師の
仕事のみというわけではなく、介護の仕事も含まれているというのが
現状なようです。

このような業務の根底には、訪問看護に携わる看護師に求めれている、
役割というものが存在します。

一番求められている役割としては、看護師の業務全般ということに
なりますが、それだけでは不十分です。時には、医師の代わりに的確な
判断を下し、患者さんに対応するという重要な役割もこなさなければ
なりません。

そのため、看護に関する知識やスキルだけではなく、その知識に
基づいて柔軟な対応ができたり、患者さんの状態を正確に読み取る
洞察力も持ち合わせていなければならないといえます。

医師と連携を取りながら業務を行っているため、現場の状況を正確に
報告しなければならないからです。その他の業務としては、患者さん
の精神面のケアも、しっかりと取り組まなければならないでしょう。

このようにみていくと、訪問看護での看護師の役割は、病院勤務時や
施設勤務時とは全く違うことが分かります。ただし、その分、
やりがいがあり看護師としての力量を試される仕事だといえるでしょう。

ようするに、それだけ看護師そのものの能力を発揮しやすい仕事だと
いうことです。在宅医療は、今後も益々必要とされていくといえます
ので、同時に看護師の活躍の場も広がっていくのではないでしょうか。