手術室看護師を目指している方は必見です!

手術室看護師に求められるスキルと知識とは

手術室看護師に求められるスキルと知識とは



手術室看護師として働く場合、どのようなスキルや知識が求められる
のでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。

まず、スキルとして抑えておきたいことは、手術器械の扱い方、
手術体位、ガウンテクニック、体温調節方法などがあります。

一方、知識として抑えておきたいこととしては、手術の術式、
麻酔に関する知識、手術の流れ、体温調節に関する知識、手術前に
必要となる検査の項目などがあるでしょう。

ちなみに、これらのスキルや知識をすべて習得しただけでは不十分です。
なぜなら、手術室での看護師の仕事は、器械出しと外回りの2つに作業が
分担されているからです。

そのため、大まかな仕事の流れや必要となるスキル、知識などに若干の
違いがあるといえます。それではまず、器械出しからみていくことに
しましょう。

機械出しは、手術で必要となる器械を医師に手渡す仕事です。
器械の名前や役割について、一通り理解しておかなければなりませんが、
ただ器械を手渡せば良いわけではありません。手術の流れの先を読んで、
医師から指示がなくても器械を手渡せるようになることが求められます。

次に、外回りについてですが、仕事は麻酔の導入の介助から始まり、
バイタルチェック、手術で必要となる器械の準備、手術が終わった後の
回復室での患者さんのケアまで任されます。

麻酔の導入に立ち会うため、外科医と麻酔医の橋渡しもしなければ
なりませんので、コミュニケーション能力や場の空気を読む力も求めら
れるといえるでしょう。

このように、手術室で働く看護師といっても、与えられた役割によって
要求されるスキルや知識に違いがあることが分かります。
働き始めてすぐにすべて覚えることは難しいといえますが、
手術室は患者さんの命を直接扱う場所ですので、甘えは許されません。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

時には、スキルや知識だけでは、どうにもならないこともありますが、
そのような中でも、医療事故を未然に防いでいくのが、手術室で働く
看護師の役目だと言えます。

以上のことから、病棟や外来で働く看護師に求められる経験やスキルとは、
全く違った経験やスキルを求められるのが、手術室看護師の仕事だと
言えそうです。

夜勤専従看護師のお仕事 - 看護方式の違いに注意!

看護方式とは、患者さんに対して充分な看護を24時間絶えず行えるように、チームを組み、それぞれの役割分担を決める方式のことです。看護方式は病院の方針や病床数など、または経験によって確立された方法です。病院ごとに得られる経験は変わってきますから、当然採用される看護方式は病院ごとに違ってきます。

病院によっては看護方式を2つ採用し、それぞれの長所を活かし柔軟に対応しているところもあります。医療は日々進化しており、ひとつの看護方式にこだわるよりも改善を重ねていく方が、病院側の独りよがりにならず、看護師や患者が気持ちよく過ごすことができます。

看護方式のひとつに、チームナーシングというものがあります。ふたつ以上のチームを作り、それぞれにリーダーを置きます。リーダーはメンバーを取りまとめる役割があり、持ち回り制になります。もちろんリーダーを変えないチームもあります。

メリットとしては、チームとして動くので、個々の能力差を助け合い、一定水準の看護が行えるということです。しかしデメリットもあります。それは患者さんから見れば、持ち回り制のリーダーは分かりづらいというのがあります。

ですから、チームリーダーすべてに情報の集中をさせるのではなく、チーム全体に情報の共有を徹底しなければなりません。チームリーダーはこの情報により、状況判断による役割の采配をします。それぞれの仕事を与えられるということは、あれもこれもしなければならないという気負いがなく、フットワークがとても軽くなります。

もうひとつはプライマリーナーシングです。チームではなく、ひとりの看護師が患者のすべてを担当します。これは患者と看護師の関係が密になり、混乱も起きにくく信頼も得やすいと言えます。

看護師は判断力と決断力を求められることから、個々の能力の差が患者へのサービスの差となって表れます。しかし自主性のある看護師が担当すれば、看護師自身成長できるチャンスです。デメリットとしては、看護師同士の情報交換が少なく、看護師ひとりにかかる精神的負担が大きいことです。

ざっとふたつの看護方式を挙げてみましたが、もちろんこの他にも看護方式はあります。いずれにしても、患者さんが安心して看護を受けられるよう看護師は努力を強いられます。

看護助手という仕事

医療にかかわる人材は、その職務のハードさから人材不足が深刻です。そのため、少しでも看護師の看護業務や看護内介護を分散させるために、看護助手がいます。まず看護助手という仕事には資格は必要ありません。医療職ではないのです。医師や看護師の補助を主にして、医療行為ではない雑務をこなしています。

例えば、入院設備がある病院では、配膳や下膳を中心に、食事の介助や患者さんがどれくらい食事を摂れるか見守ります。もちろん医療行為ではありませんから、栄養学的に考えるのではなく、患者さんが美味しくそして楽しく食事がとれているかどうかなど、心理的な面を見守るのです。

また入院居室の掃除をし、ベッドメイキングを行います。室温や部屋の明るさなども気にかけてあげるようです。そして車いすの患者さんに対しては、ベッドからストレッチャーへの移乗を手助けしたり、床ずれ防止のために姿勢を変えたりします。洗顔や洗髪も患者さんが行うことが困難であれば、これを介助し、後片付けまで行います。

このように医療行為はありませんが、生活面での介助・支援の場面も多く、患者さんの精神的な支えとなっているのも確かです。医師や看護師に対しては、機材の運搬や準備、消毒。カルテや伝票などを各検査室へ運ぶなど、こまごまとした業務があります。

さて、看護助手になる他面は、ハローワークや求人情報の中を探すことです。医療資格は問いませんから、コミュニケーション能力と段取りの良い方なら向いているのではないでしょうか。

当然資格を取得しているならば、医療での知識や技術を持っているわけですから、雑務をひとつこなすにしても、その先の行為までが見通せるわけです。メディカルケアワーカーやメディケアエイダーという資格がありますが、看護助手になるためには有利な資格と言えます。

しかし資格取得をする前に、看護助手に向いている方は医師や看護師がスムーズに次の行為へと動けるよう準備をしたりする先読みの力と、患者さんに対して優しく接することができる態度です。主婦も活躍しているとのことですが、確かに人間関係をうまく構築できる女性が向いているかもしれませんね。