手術室看護師を目指している方は必見です!

手術室看護師に求められるスキルと知識とは

手術室看護師として働く場合、どのようなスキルや知識が求められる
のでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。

まず、スキルとして抑えておきたいことは、手術器械の扱い方、
手術体位、ガウンテクニック、体温調節方法などがあります。

一方、知識として抑えておきたいこととしては、手術の術式、
麻酔に関する知識、手術の流れ、体温調節に関する知識、手術前に
必要となる検査の項目などがあるでしょう。

ちなみに、これらのスキルや知識をすべて習得しただけでは不十分です。
なぜなら、手術室での看護師の仕事は、器械出しと外回りの2つに作業が
分担されているからです。

そのため、大まかな仕事の流れや必要となるスキル、知識などに若干の
違いがあるといえます。それではまず、器械出しからみていくことに
しましょう。

機械出しは、手術で必要となる器械を医師に手渡す仕事です。
器械の名前や役割について、一通り理解しておかなければなりませんが、
ただ器械を手渡せば良いわけではありません。手術の流れの先を読んで、
医師から指示がなくても器械を手渡せるようになることが求められます。

次に、外回りについてですが、仕事は麻酔の導入の介助から始まり、
バイタルチェック、手術で必要となる器械の準備、手術が終わった後の
回復室での患者さんのケアまで任されます。

麻酔の導入に立ち会うため、外科医と麻酔医の橋渡しもしなければ
なりませんので、コミュニケーション能力や場の空気を読む力も求めら
れるといえるでしょう。

このように、手術室で働く看護師といっても、与えられた役割によって
要求されるスキルや知識に違いがあることが分かります。
働き始めてすぐにすべて覚えることは難しいといえますが、
手術室は患者さんの命を直接扱う場所ですので、甘えは許されません。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

時には、スキルや知識だけでは、どうにもならないこともありますが、
そのような中でも、医療事故を未然に防いでいくのが、手術室で働く
看護師の役目だと言えます。

以上のことから、病棟や外来で働く看護師に求められる経験やスキルとは、
全く違った経験やスキルを求められるのが、手術室看護師の仕事だと
言えそうです。